PR

ニュース 政治

立民・枝野代表、イージス配備の強行認めず

Messenger
立憲民主党の枝野幸男代表(春名中撮影)
立憲民主党の枝野幸男代表(春名中撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は24日、政府がミサイル防衛の強化策として導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、秋田など候補地への配備を強行するのは容認できないとの認識を示した。秋田市で記者団に「地域住民から理解を得られている状況ではない。少なくとも、今このまま強引に進めるのは許されない」と述べた。

 イージス・アショアの調達費にも言及した上で「本当に必要か、より詳細な検討が求められる」と指摘した。

 北朝鮮などを念頭に置くミサイル防衛に関しては「安全保障の観点から重要性があると肯定的に受け止めている」とも強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ