PR

ニュース 政治

野党、5%還元に反発 「まるでバナナのたたき売り」

Messenger

 野党は22日、安倍晋三首相が来年10月の消費税増税対策としてキャッシュレス決済時のポイント還元率を5%とする方針を表明したことに対して一斉反発した。国民民主党の玉木雄一郎代表は「まるでバナナのたたき売りだ。かえって財政が悪化する恐れもある」と東京都内で記者団に語った。

 立憲民主党の長妻昭代表代行は党会合で「消費税増税の意味すら失わせかねない大盤振る舞いだ。見過ごせない」と述べ、国会で徹底追及する考えを示した。

 共産党の小池晃書記局長は「それだけ対策を拡大するなら、増税しなければいい。安倍政権の大迷走が始まった」と取材に答えた。

 国民民主の大塚耕平代表代行は記者会見で、来年の統一地方選や参院選を念頭に「選挙目当てと言われても仕方がない」と批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ