PR

ニュース 政治

自民・下村博文憲法改正推進本部長「職場放棄」発言を謝罪

自民党・下村博文憲法改正推進本部長=14日午前、国会内(春名中撮影)
Messenger

 自民党の下村博文憲法改正推進本部長は15日午前、東京都内で講演し、改憲議論に関し野党を「職場放棄」と批判した自身の発言について「憲法の責任者にもかかわらず、野党の皆さんに不快な思いをさせてしまったことについては、おわび申し上げたい」と謝罪した。

 下村氏は講演後、記者団の取材に応じ「発言を反省し、国会で協調できるように、党から汗をかいていきたい」と述べ、発言を撤回する考えも示した。

 下村氏は9日のCS番組で「率直な議論さえしないのは国会議員の職場放棄ではないか」と述べ、野党が反発。自民党は党の改憲案を今国会で提示する方針だが、衆参両院の憲法審査会が開催できない状況にあり、下村氏は内定していた衆院憲法審の運営を担う「幹事」を辞退していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ