PR

ニュース 政治

日米貿易交渉「FTAとは異なる」 菅官房長官

会談を前に握手を交わす安倍晋三首相とペンス米国副大統領(左)=13日午前、首相官邸(春名中撮影)
Messenger

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、ペンス米副大統領が安倍晋三首相との会談後の共同記者発表で日米の新たな貿易交渉が「物品やサービスといった重要な分野が対象になる」と発言したことについて、「今後の日米間の交渉で目指すのは(物品分野などにとどまらない)包括的なFTAとは異なる」と説明した。

 ペンス氏は、米側が最終的には包括的な自由貿易協定(FTA)の実現を狙う考えを鮮明にした格好だ。ただ日本側は物品に限定した「物品貿易協定(TAG)」の交渉だと説明してきており、菅氏は「日米間に認識の齟齬(そご)はない」とも語った。

 また会談で、中国をめぐって首相とペンス氏の姿勢に違いがみられたとの指摘に対し、「わが国としては本日の安倍首相とペンス副大統領との会談を含め、米国と緊密に意思疎通をしつつ、中国の建設的な対応を促していく考えで、日米の間で温度差があるとは考えていない」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ