PR

ニュース 政治

ペンス米副大統領「権威主義は許されない」 安倍首相と会談、対中覇権への対抗を鮮明に

会談後に行われた共同記者発表を終え、握手を交わすペンス米国副大統領(左)と安倍晋三首相=13日午後、首相官邸(春名中撮影)
Messenger

 安倍晋三首相は13日午前、来日中のペンス米副大統領と首相官邸で会談し、北朝鮮の完全な非核化に向け、国連の安全保障理事会が決めた制裁決議の完全な履行が必要との認識で一致した。中国を念頭に、日米が「自由で開かれたインド太平洋」構想の下で緊密に連携することも確認。日米両政府が第三国での質の高いインフラやエネルギー、デジタル分野での協力を強化することで一致した。

 会談後の共同記者発表で、首相は「日米両国が中国と建設的な対話を行うために緊密な連携が重要との認識で一致した」と言及した。ペンス氏も「権威主義と攻撃は許されない。これは日米共有の理念だ」と強調した。

 首相とペンス氏は今月、ともにシンガポールでの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議やパプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席する。

 中国首脳も出席する国際会議を控え、日米両国は蜜月をアピールし、南シナ海での一方的な軍事拠点化や、巨額の資金援助で相手国を借金漬けにして影響力を拡大する巨大経済圏構想「一帯一路」など、軍事・経済両面で覇権を誇示する中国に対抗していく意志を鮮明にした。

 北朝鮮政策では、拉致問題や、洋上で物資を移し替えて密輸する「瀬取り」対策でも緊密に連携する方針で一致した。

 経済分野では、来年1月にも本格交渉が始まる米国との物品貿易協定(TAG)について協議。日米の貿易や投資を拡大し、インド太平洋地域に貢献していく方針を確認した。

 ペンス氏は首相との会談に先立ち、麻生太郎副総理兼財務相とも会談した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ