PR

ニュース 政治

小泉純一郎元首相、軽減税率導入は反対 「税は簡素で分かりやすく」

軽減税率導入に異論を唱える小泉純一郎元首相=12日夜、東京都町田市(奥原慎平撮影)
Messenger

 小泉純一郎元首相は12日夜、都内で講演し、来年10月の消費税率10%引き上げに伴い、飲食料品など生活必需品の税率を8%に据え置く軽減税率の導入について反対の姿勢を示した。

 小泉氏は「税は簡素で分かりやすいのがいい。飲食料品が必需品だといっても、高いものを飲んだり食べたりするのは高所得者だ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ