PR

ニュース 政治

金沢市長に山野氏4選 共産推薦の新人破る

金沢市長選で4選を決め、万歳する山野之義氏=11日夜
Messenger

 任期満了に伴う金沢市長選は11日投開票され、無所属現職の山野之義氏(56)=自民、国民推薦=が、無所属新人で共産党金沢地区委員長南章治氏(63)=共産推薦=を破り4選を果たした。投票率は24.92%で、平成14(2002)年の26.38%を下回り過去最低となった。

 山野氏は、周辺自治体と運営する小児夜間診療所の開設やスポーツの普及による町づくりなど、これまでの実績を強調。自民党、国民民主党に加え公明党の県組織の推薦を受け、業界団体からも幅広く支援を得た。市内で支持者を前に「金沢の個性、魅力に磨きをかけ、市民の皆さんと一緒にいい町をつくっていきたい」と述べた。

 南氏は、家庭用ごみ袋の有料化など山野氏の市政運営を批判したが及ばなかった。

 山野氏は平成22(2010)年に初当選。14年に競輪の場外車券売り場設置を巡る問題で辞職し、出直し選で再選した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ