PR

ニュース 政治

普天間飛行場「5年以内」停止、岩屋毅防衛相「難しい」

岩屋毅防衛相
Messenger

 沖縄県を訪れている岩屋毅防衛相は10日、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)元知事が求めた米軍普天間飛行場(宜野湾市)の「5年以内の運用停止」が来年2月に期限を迎えることについて「正直、難しいところにきている」と述べた。宜野湾市の松川正則市長との会談後、記者団に語った。

 岩屋氏は理由について、県が普天間飛行場の名護市辺野古移設にからみ、埋め立て承認を撤回したことなどを挙げ「移設作業が残念ながら今日まで遅れてきた」と説明した。その上で、新たな運用停止の期限について「新たな目標を国と沖縄県が設置できるような環境を作っていかなければいけない」と述べた。

 これに先立ち、岩屋氏は玉城デニー知事とも県庁で会談し、辺野古への移設に重ねて理解を求めた。玉城氏は辺野古移設に反対する考えを示し、平行線に終わった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ