PR

ニュース 政治

国民・玉木雄一郎代表「憲法議論遠のく」 下村博文氏発言に反発

国民民主党の玉木雄一郎代表
Messenger

 国民民主党の玉木雄一郎代表は10日、自民党の下村博文憲法改正推進本部長が、野党は憲法改正議論に消極的だとして「職場放棄だ」と発言したことに反発した。「円満な環境づくりに貢献するとは思えない言葉だ。かえって憲法の議論が遠のいたのではないか」と述べた。香川県さぬき市で記者団の質問に答えた。

 国民民主がまとめた憲法改正をめぐる政党のスポットCM禁止を含む国民投票法改正案について、与党に受け入れるよう重ねて要請。自民、公明両党などが共同提出し、継続審議となっている同法改正案と「セットで導入することが大前提だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ