PR

ニュース 政治

岩屋防衛相と玉城沖縄知事が会談 辺野古めぐり平行線

岩屋防衛相(左)と会談し、沖縄県の基地負担軽減などに関する要望書を手渡す玉城デニー知事=10日午前、沖縄県庁
Messenger

 岩屋毅防衛相は10日午前、沖縄県庁で玉城(たまき)デニー知事と会談した。岩屋氏は米軍普天間飛行場=宜野湾(ぎのわん)市=の名護市辺野古移設について「普天間飛行場の危険性を除去し、返還を実現するために粘り強く取り組んでいきたい」と強調した。これに対し、玉城氏は辺野古移設に反対する立場を説明し、会談は平行線に終わった。

 会談で、玉城氏は「辺野古の新基地建設に反対する県民の民意は知事選で私が過去最多得票を得たことでも示されている」と強調。宮古島、石垣島で進む陸上自衛隊部隊配備計画に関しても「強行することがないよう、地域住民と対話をもって進めることを求める」と述べた。

 岩屋氏が防衛相就任後、沖縄県を訪問するのは初めて。10日は玉城氏との会談後、名護市の渡具知武豊(とぐちたけとよ)市長、宜野湾市の松川正則市長とも会談する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ