PR

ニュース 政治

【小池知事定例会見録】答弁問題の桜田五輪相に「『大丈夫、頑張ってください』と申し上げようと思う」

Messenger

 《質疑応答》

 --2019年度予算について東京都は各部局が7日に要求をまとめた。今後の査定で知事の方針や重点を置きたい点などは

 「今のお話、ご質問の中で、東京2020大会の開催準備の、まさしく来年度というのは総仕上げの時期になるかと思います。そこで、着実かつ効率的に進めていく必要があるということが、まず1点。それから、平成31年度の予算編成でございますけれども、これまでも3つのシティを目標としてまいりました。セーフシティ、ダイバーシティ、そしてスマートシティと、この3つの目標、シティを実現するために、戦略的な施策を積極的に展開する。それも、局横断的な横串を刺すような連携であるとか、これまで行政にはなかったような発想に基づく予算付けなどを行っているのがポイントかと思います。それと同時に、各種団体から、毎年でございますが、予算要望ヒアリングをしておりますし、また、昨年度、今年度予算用に実施をしました都民からの事業提案制度、これも引き続き行っております。それから、今年度は新たに、大学研究者による事業提案制度ということで、いろいろな研究をやっておられる教授が都内の大学にはおります。それを、実際に東京都で実践していただくということで、研究と同時に実践による効果を確認でき、それが都民にとってプラスであるならば、ベストな方向であろうという考え方の下で、大学からは非常にキチッとした予算のご要望が出てきているということで、これが昨年というか、今年度の予算に比べて、また1つ加味された点でございます。これらをしっかりとならしながら、今後の予算編成をさらに詰めていきたいと考えております」

 --旧築地市場の豊洲移転から、ほぼ1カ月を迎えての知事の所感は

 「豊洲に移転いたしました初日につきましては、消防車は来るわ、メディアの皆さんもしっかり取材していただいたこともあり、交通も、初めて通るところですし、てんやわんやだったかと思います。しかしながら、市場業者の方々や産地・出荷者、買出人、それから、市場を利用する方々、最初は、一部戸惑う点があったと。ですけれども、1カ月すれば、かなり皆さん、使い勝手なども慣れてこられたのではないかという印象を持っております。例えば、喫煙とか駐車場所などについては、いわゆる市場内のルールですね。これまで、公道で仕分けなどをやっていたのを、今、市場の中でやっていただいているのですが、まだまだ市場内のルールを守っていただけるように徹底をする必要があるかと思います。それは、1人だけのためでなくて、新しい市場の良さを生かすということで、皆さんにご協力を賜らなければならないということで、今、それぞれにお願いしているところでございます。また、課題につきましては、現状をしっかりと把握して、市場業者の皆さんと協力しながら、1つずつ改善していきたいと考えております」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ