PR

ニュース 政治

サイバー法案成立なるか 逃せば五輪対策に影響

Messenger

 このため、改正案では、協議会メンバーに守秘義務を課し、企業に情報提供を促す。違反した場合の罰則も設ける。また、対策が進む米国では情報共有を促す仕組みが2015年に法制化されており、そうした海外の行政機関などとの連携も求めている。

 五輪対策に万全を期すためには来年4月に協議会を発足させる必要がある。加えて来年は20カ国・地域(G20)首脳会議やラグビーワールドカップなど人が集まる機会が多く、サイバー攻撃のターゲットになりやすい。対策が後手に回れば、サイバー攻撃への対処に取り組む国際的な連携を乱し、信頼の失墜につながりかねない。

 だが、今国会は安倍晋三首相の外交日程が立て込み審議日程が窮屈な上、改正案を審議する衆参両院の内閣委員会は、来年5月の改元にあわせて10連休とする天皇即位日休日法案や、国家公務員給与法改正案などを抱える。政府関係者は「今国会で成立しなければサイバー政策の優先度が低いと思われかねない」と気をもむ。

 また、改正案を担当する桜田義孝五輪相は野党追及の矢面に立たされているだけに、与党内には円滑に審議を進めるため、サイバーセキュリティ基本法を主導した平井卓也科学技術担当相の答弁起用を求める声も出ている。(大橋拓史)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ