PR

ニュース 政治

開かれぬ憲法審査会 際立つ立憲民主の消極姿勢

Messenger

 自民党憲法改正推進本部の下村博文本部長の「『安倍(晋三首相)色』を払拭(ふっしょく)することが必要だ」との発言には、立憲民主党などの態度軟化を促したいという思惑がにじむ。下村氏は、憲法改正に絡んで国民民主党がまとめた国民投票法改正案についても、議論に応じる姿勢を示唆している。

 自民党の加藤勝信総務会長は9日の記者会見で「憲法審でしっかりと議論されることを期待したい」と重ねて訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ