PR

ニュース 政治

予算委論戦 野党、閣僚追及で甘さ 口利き疑惑の片山さつき氏も致命傷負わず

Messenger

 立憲民主党の蓮舫副代表は5日の参院予算委で、改正案について「決めた期間だけ来てもらう。何人来るか分からない。保険制度や教育のあり方は未定。あまりにも虫がいい」と不備を指摘した。

 その一方で「住環境や多様な宗教、他文化共生のあり方を全ての省庁で議論すべきだ」とも述べ、新たに来日する外国人の環境整備を進めるよう求めた。これには首相も「その通り。関係省庁が連携して準備を進めなければいけない」と歩調を合わせた。

 野党側は、これまでの質疑が不十分として、12月10日までの会期中に衆参の予算委で集中審議を行うよう求めている。しかし、迫力不足の質疑を続ければ、与党ペースの流れを変えるのは難しい。(大島悠亮)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ