PR

ニュース 政治

拉致問題「政局的に取り上げないで」 安倍晋三首相、立民・有田芳生氏に反論

Messenger

 安倍晋三首相は7日の参院予算委員会で、北朝鮮による日本人拉致問題をめぐり、立憲民主党の有田芳生氏が北朝鮮との交渉の進め方を質問したことに対し、「政局的にそういうことを取り上げるのはやめてもらいたい」と激しく反論した。

 有田氏は「北朝鮮が話し合いに応じる条件を考えているのか」と質問。首相は「いちいち指を指されなくても分かっている」といらだった様子をみせながら「国民の皆さんに堂々とこうやっていくといえればいい。でも、それは間違いなくマイナスに作用する」と交渉の進め方は明らかにできないと説明した。

 さらに有田氏が「拉致被害者家族は何も説明してくれないという気持ちが強い」と続けると、首相は「にわかにあなたの言ったことは信じることはできない。有田さんは私に(その発言について)何ら証明できない」と強い口調で指摘。「私はできる限りの話はしているつもりだ。家族の皆さんが望んでいるのは中身が進んでいるかどうかだ」と反論した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ