PR

ニュース 政治

石田真敏総務相、NHKのアレフへのメール誤送信に「責任自覚を」

石田真敏総務相
Messenger

 NHKがオウム真理教の後継団体の「アレフ」に関する住民インタビューの音声データをダウンロードできるメールをアレフに誤送信した問題について、石田真敏総務相は6日の閣議後の記者会見で、「(視聴者から)受信料をいただいており、公共性が高いという社会的責任を自覚していただく必要がある」と苦言を呈した。

 アレフへのメール誤送信は今月1日、札幌放送局で発生。セキュリティーの高い局内のシステムを使わず、一般のサービスを利用していたという。担当者が誤送信した直後に気づいたにもかかわらず、データの保護措置がとられたのは翌日だった。視聴者からは、対応の不手際だけでなく「NHKの報道での取り扱いが小さい」などの不満も出ている。

 石田氏は、佐賀放送局の湧川高史局長が5日付で更迭された不祥事にも触れ、「私の方から強く、再発防止をお願いするということになる」と述べた。湧川氏は訪れていた施設で、NHKの女性スタッフが入浴していた風呂に侵入したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ