PR

ニュース 政治

新宿区長選告示 自公対野党連合、現新一騎打ちに

立候補者の第一声を聞く区民ら=4日、新宿区戸山のコープ戸山店前(吉沢智美撮影)
Messenger

 任期満了に伴う新宿区長選が4日告示され、再選を目指す現職の吉住健一氏(46)=自民、公明推薦=と、自由党東京1区総支部長の野沢哲夫氏(52)=立民、共産、自由、社民支持=が立候補し、自公対野党統一候補の現新一騎打ちとなった。

 投票は11日に区内50カ所で行われ、同日午後8時45分から同区大久保の新宿コズミックセンターで即日開票される。有権者数は27万1269人(3日現在)。

 吉住氏は午前11時頃、新宿区原町の宝禄稲荷神社で出陣式を行った。

 同神社での第一声は、都議選初出馬のとき以来といい、吉住氏は「あのときは逆風の中、地元の皆さんが手作り選挙で支えてくれた」と感謝。公約として、小中学校体育館の空調整備、通学路のブロック塀の地震対策、東京五輪・パラリンピックを盛り上げるための基金創設-の3点を掲げ、「新宿を愛着と誇りの持てる街として残していきたい」と訴えた。

 応援演説では、自民の鈴木隼人衆院議員らが「野党連合」が相手であることに危機感を表明。鈴木氏は「隣の中野区では優秀な区長を失ってしまった。野党連合は本当に手強い」と選挙戦の厳しさを強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ