PR

ニュース 政治

日韓議連、徴用工判決で問われる意義 「政府補完」も譲歩先行の過去

Messenger

 韓国の国民感情に配慮したためだが、文政権は合同総会の翌月、日韓合意では問題を解決できないとの新方針を示し、約束をほごにした。合意に基づき韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」は、韓国側が「解散」に言及するありさまだ。

 額賀氏は「未来志向の日韓関係」を強調するが、来月の合同総会でかつてのような譲歩が優先すれば、日韓議連の意義自体も問われかねない。(田中一世)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ