PR

ニュース 政治

玉城知事、名護市長選「フェイクニュースで間違えた」

日本記者クラブで話す沖縄県の玉城デニー知事=31日午後、東京・内幸町
Messenger

 沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は31日、日本記者クラブの会見で、今年2月の名護市長選で米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設を事実上容認する候補が当選したことについて「名護市長選では、フェイクニュースによってゆがめられた情報で投票先を間違えてしまった方々もいたのではないかという結果になった」と述べた。

 玉城氏はまた、行政委員会が移設を容認している辺野古の民意についても「賛成か反対か住民にインタビューしても、遊び心で賛成という人はいても、根っから反対という人は口を閉ざして答えていない」と語った。

 防衛省が移設を受け入れる条件として戸別補償は行わない方針を示していることにも触れ「辺野古の人たちは『だまされたのか』と話をせざるを得ない状況になっている」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ