PR

ニュース 政治

贈賄側被告は国民・羽田元国交相の「政策顧問」

谷口浩司被告
Messenger

 文部科学省幹部が絡む贈収賄事件で、同省は30日、贈賄側として起訴された医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司被告が、国民民主党の羽田雄一郎元国土交通相の「政策顧問」の肩書を持っていたことを明らかにした。自民党の文科部会の聴取に答えた。

 部会で文科省側は、複数の国会議員が同省幹部を谷口氏らによる接待に誘うなどしていたと説明したが議員の実名は明らかにせず、羽田氏の関与についても「本人に確認していない」などと説明した。出席議員からは、議員の実名を明らかにするよう求める声が相次いだ。

 事件をめぐっては、文科省の前科学技術・学術政策局長と前国際統括官が受託収賄罪などで起訴されたほか、複数の同省幹部が利害関係者から接待を受けたとして処分を受けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ