PR

ニュース 政治

【単刀直言】河野太郎外相 首相訪中は「大きな二歩目」 自分の安全、自分で守るのは当然

前のニュース

インタビューに応じる河野太郎外相=29日午前、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
インタビューに応じる河野太郎外相=29日午前、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 日中関係は少なくとも7年間、首脳の相互往来がなかったことが相当、両国にとってはダメージがある話でした。それが正常化しつつある。今年5月の中国の李克強首相の訪日を一歩目とすれば、今回の安倍晋三首相の訪中は大きな二歩目だったと思います。

往来なしから正常化

 もちろん、まだ東シナ海の話などがあるので、手放しで万歳というわけではないのかもしれない。けれども、少なくとも隣の国の首脳同士の行き来が何年もないという不正常な状況を終わらせましょうというのは当然のことだし、それに向けて二歩目をしっかり踏み出せたという意味では、今回の安倍首相の訪中はよかったんじゃないですか。

 どこの国だって隣同士というのは問題がある。米国とカナダだって今、ちょっと(貿易摩擦の)問題が大きいけれど、平時だって問題はあるわけだから、問題がまったくなくなるなんていうことは、よっぽどのことがない限りないのかもしれない。でも、少なくとも往来がまったくない不正常な状況を脱しようという双方の意思は確認できた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ