PR

ニュース 政治

「私自身が金正恩氏に向き合わなくては」 安倍晋三首相、首脳会談へ意欲 衆院代表質問

衆院本会議の代表質問で答弁を行う安倍晋三首相=29日午後、国会(春名中撮影)
Messenger

 安倍晋三首相は29日の衆院本会議で、北朝鮮の日本人拉致問題の解決に向けて「次は私自身が金正恩朝鮮労働党委員長に向き合わなくてはいけない」と述べ、日朝首脳会談の実現に改めて意欲を示した。立憲民主党の枝野幸男代表の代表質問に答えた。

 首相は「家族も高齢となるなか、一日も早い解決に向けあらゆるチャンスを逃さない決意で臨む」と説明。首脳会談の開催に向けた北朝鮮との交渉については「今後の交渉に影響を及ぼす影響があるため、詳細を明らかにすることは差し控えたい」と明言を避けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ