PR

ニュース 政治

安倍首相がモディ印首相と昼食会 関係強化へ自身の別荘に招待

自身の別荘入り口でインドのモディ首相を出迎えた安倍晋三首相=28日夕、山梨県鳴沢村(内閣広報室提供)
Messenger

 安倍晋三首相は28日、インドのモディ首相を山梨県鳴沢村の自身の別荘に招待し、夕食会を開いた。安倍首相が別荘に海外首脳を招くのは初めて。異例の厚遇で、親密さをアピールする狙いがある。29日に官邸で正式な首脳会談を行う。

 安倍首相は夕食会に先立ち、モディ氏と山梨県山中湖村のホテルで昼食会を開き、北朝鮮の非核化に向けて協力していく方針で一致した。安倍首相は25~27日の中国訪問についても説明した。両首脳はその後、山梨県忍野村の工作機械メーカーを訪問し産業用ロボットの製造工程を視察した。

 29日の会談では、安倍首相が提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」に基づく連携を確認。自衛隊とインド軍の間で食料や燃料を融通する「物品役務相互提供協定」(ACSA)の早期締結など防衛協力の必要性で認識を共有する。また、高速鉄道事業や人工知能(AI)の共同研究など経済協力の拡大も申し合わせる。

 安倍首相は、昨年9月にモディ氏の出身地のインド西部グジャラート州を訪問した際、約5万人が沿道で出迎える歓迎を受けたことから、今回は自身の別荘に招待した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ