PR

ニュース 政治

【小池知事定例会見録】国の偏在是正措置に反論「都から奪った税金が地方にどんな効果をもたらしたのか示すべきだ」

Messenger

 「次が、ラグビーのワールドカップ2019に向けた取組でございます。先日もお知らせいたしましたとおり、来月の11月3日、祝日になりますが、日本代表とニュージーランド代表のテストマッチに合わせてパブリックビューイングイベント『東京ラグビーファンゾーン2018』を有楽町インフォス、旧1000days劇場ですけれども、そちらで開催いたします。スポーツバーやカフェなど、さまざまなスタイルでパブリックビューイングを楽しんでいただく他、トークショーやミニライブ、そして、ラグビーワールドカップの優勝トロフィーである『ウェブ・エリス・カップ』の展示などを実施いたします。ゲストには、女優で開催都市特別サポーターである山崎紘菜さん、それから、大会アンバサダーの伊藤剛臣さんなどにご登場いただきます」

 「また、この機会に合わせまして、さまざまなPRを展開してまいりますが、その中でも新宿駅での集中広告を行ってまいります。東京都の開催都市特別サポーターの畠山健介さん、それから、渡部建さん、そして、先ほどの山崎紘菜さんとTOKYOの文字を合わせたデザインをポスター、そしてデジタルサイネージで掲出いたします。区部で10カ所、それから、多摩の10カ所で大会マスコットの『レンジー』を活用したデザインのフラッグを約4000枚、ずっと掲出するということであります。それから、都営地下鉄大江戸線の代々木駅におきましては、キヤノン株式会社の協力の下で、迫力たっぷりのラグビー選手の写真を使いました大型看板、ラグビーウォールギャラリーの掲出をいたします。このほか、多摩観光推進協議会との連携事業といたしまして、大会の会場となります東京スタジアムの周辺、そして、公認チームキャンプ地のあります、武蔵野・三鷹・府中・調布・町田、これら5市を巡るスタンプラリーも実施いたします」

 「また、11月9日と10日の2日間、有楽町インフォスにおきまして、ラグビーワールドカップ2019の大会組織委員会と連携しまして、前回大会の優勝メダルを始めとした、過去のこれまでのレアなグッズであるとか、記念撮影用のパネルなどを展示いたしまして、ポップアップミュージアムを実施する予定といたしております。また、会場には、公式マスコットのレンジーも登場いたします。それから、ポップアップミュージアムの前後の期間の11月5日から12月10日まで、約1カ月ですけれども『ラグビーワールドカップ2019日本大会東京開催応援フェア』を実施いたしまして、大型ボールモニュメントの展示、そしてまた、PR動画の放映などを行ってまいります。こうしたさまざまな取組を通じて、ラグビーワールドカップ、もう来年でございますので盛り上げを図ってまいります。詳細は、オリンピック・パラリンピック準備局にお聞きください」

 「それから最後に、来週はいよいよ海外出張がございますので、それについてお伝えしたいと思います。ロンドン、パリと参りますけれども、ロンドンではサディク・カーン市長と面会、これは友好都市関係ということでございます。それから、シティ・オブ・ロンドン、特に金融街、チャールズ・ボウマン・ロードメイヤーと会談いたしまして、その他、金融プロモーションを行います。これはもちろん、国際金融都市・東京の実現に向けた動きでございます」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ