PR

ニュース 政治

安倍首相訪中「対中ODA、歴史的使命終えた」

中国の李克強首相(右)と握手する安倍首相=25日、北京の人民大会堂(共同)
Messenger

 【北京=原川貴郎】安倍晋三首相は25日午後(日本時間同)、政府専用機で中国・北京市の北京首都国際空港に到着した。日本の首相として約7年ぶりの中国公式訪問となる。その後、人民大会堂で開かれた日中平和友好条約締結40周年記念レセプションに出席、「中国は世界第2位の経済大国へと発展した。日本の対中ODA(政府開発援助)は歴史的使命を終えた」と述べ、昭和54年から始めた対中ODAを終了する方針を表明した。

 安倍首相は、26日に習近平国家主席、李克強首相と個別に会談する。一連の会談で、北朝鮮の非核化や日本人拉致問題の早期解決に向けた連携を確認する。中国が海洋進出を強めていることを念頭に、東アジアを「平和・協力・友好の海」とするかつての日中合意を再確認する考えだ。

 レセプションで、安倍首相は「日中両国が世界の平和と繁栄のためにともに貢献する時代が来ている。(習氏らとの会談で)新たな次元の日中協力のあり方について胸襟を開いて議論したい」と語った。また「今回の訪問が、今後の新たな日中関係を切り開く契機となることを期待している。力を合わせて日中友好の船を前へ前へと進めていこう」と呼びかけた。

 李氏もスピーチし「両国関係は正しい軌道に戻りつつある。安定を保ち、新たに発展させる」と述べた。中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関しては「日本側と第三国での協力を推進したい」と語った。

 対中ODAは、中国の改革開放政策の支援などを目的に始まった。インフラ整備を中心に低い金利で資金を貸し付ける「円借款」は新規供与が終了した平成19年までに3兆3165億円に上り、その後も続いた「無償資金協力」と「技術協力」と合わせ、総額で3兆6500億円を超えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ