PR

ニュース 政治

安倍晋三首相、所信表明演説の全文

参院本会議で所信表明演説する安倍晋三首相=24日午後、国会・参院本会議場(三尾郁恵撮影)
Messenger

 安倍晋三首相は24日の衆院本会議で、臨時国会の召集にあたり所信表明演説を行い、憲法改正議論の進展に強い意欲を示した。演説の全文は以下の通り。

                   ◇

一 はじめに

 まず冒頭、本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授のノーベル生理学・医学賞受賞を心よりお慶(よろこ)び申し上げます。日本で生まれた研究成果が、世界中のがんで苦しむ人々に大きな希望の光をもたらしている。同じ日本人として、大きな誇りであります。

 「定説を覆すことで、新たな世界が広がる」

 この世界的な偉業をもたらしたのは、本庶先生の、これまでの「常識」にとらわれない、全く新しいアプローチでありました。

 世界は、今、かつてないスピードで、変化しています。

 この、わずか5年余りの間に、人工知能は急速な進歩を遂げ、さまざまな分野で人間の能力を凌駕(りょうが)しようとしています。膨大なデジタルデータが、世界を瞬時に駆け巡り、全く新しい価値を生み出す時代となりました。

 次の5年、いや3年もあれば、世界は、私たちが今想像もできない進化を遂げるに違いない。そうした時代にあって、私たちもまた、これまでの「常識」を打ち破らなければなりません。私たち自身の手で、今こそ、新しい日本の国創りをスタートするときであります。

 強い日本。それを創るのは、他の誰でもありません。私たち自身です。

 激動する世界を、そのど真ん中でリードする日本を創り上げる。次の3年間、私はその先頭に立つ決意です。私たちの子や孫の世代のために、希望にあふれ、誇りある日本を、皆さん、共に、切り拓(ひら)いていこうではありませんか。

 二、強靱(きょうじん)な故郷(ふるさと)づくり

(復旧・復興の加速)

 この夏、大きな自然災害が相次ぎ、日本列島に甚大な被害をもたらしました。お亡くなりになられた方々に、衷心より哀悼の意を表します。全ての被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。

 9356億円の補正予算により、道路や河川の改修、ため池の補修など、災害復旧を加速してまいります。子どもたちの命を守るため、ブロック塀の安全対策を進めます。熱中症対策として、全国の公立小学校・中学校にエアコンを設置します。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ