PR

ニュース 政治

野党“3点セット”で政府・与党を揺さぶり 24日召集の臨時国会

Messenger

 消費税率の問題も、国民の懐を直撃するテーマだけに格好の追及材料だ。野党6党派は23日も、国会内に財務省の担当者らを招いて合同ヒアリングを開いた。座長を務める立憲民主党の川内博史衆院議員は、税率引き上げに伴う景気対策が結局は富裕層優遇に終わることへの懸念を示し「格差拡大があるのではないか」と担当者に詰め寄った。

 一方、中央省庁の障害者雇用水増し問題に絡み、立憲民主党と国民民主党、共産党は23日の衆院厚生労働委員理事懇談会で、障害者団体の参考人招致と集中審議を開催するよう与党側に要請した。

 野党陣営は「問題点の指摘、責任追及と合わせて、本当に障害者が働きやすい行政機関作りというところまで問題にしていかなければならない」(共産党の小池晃書記局長)と位置づけ、論点を深掘りしていく構えだ。(千田恒弥)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ