PR

ニュース 政治

障害者雇用水増し、国会の焦点に 与党内からも批判

自民党・厚生労働部会に臨む小泉進次郎厚生労働部会長。手前は根本匠厚生労働相=22日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
Messenger

 中央省庁の障害者雇用水増し問題をめぐる調査報告書の公表を受け、与野党からは22日、各省庁のずさんな実態に対する批判が相次いだ。立憲民主党など野党6党派は24日に召集される臨時国会で全容解明や再発防止策の徹底を求めるとともに、政府の責任を追及する構えだ。

 「役所は法律を作る側、法律を守って当たり前だ。その立場が(法律を)破ること自体あり得ない。悪質なことに間違いない」

 自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は22日の厚労部会などの合同会議後、記者団に強い口調でこう述べ、政府を批判した。会議でも出席議員から「責任はどこにあるのか」「非常に深刻だ」といった厳しい意見が相次いだ。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長も政府与党協議会で「反省すべきは反省し、障害者の立場で再発防止に向けて最大限の努力をしてほしい」と注文を付けた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は、視察先の北海道奥尻町で記者団に「官尊民卑的な古い考えが横たわっているのではないか。障害者雇用に対する政府の感度が鈍かった表れだ」と強調した。臨時国会で水増し問題を追及する意向も示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ