PR

ニュース 政治

那覇市長に現職、城間幹子氏再選 オール沖縄系候補3連勝 国場幸之助氏が自民県連会長辞任へ

那覇市長選で再選を決め、玉城デニー沖縄県知事(前列右)らとポーズをとる城間幹子氏(前列中央)=21日夜、那覇市
Messenger

 任期満了に伴う那覇市長選は21日投開票され、無所属で現職の城間幹子氏(67)が、無所属で新人の元県議、翁長(おなが)政俊氏(69)=自民、公明、維新、希望推薦=を破り再選を果たした。共産党や労組などでつくる「オール沖縄」が推す候補は沖縄県知事選、同県豊見城(とみぐすく)市長選に続き、3連勝となった。投票率は48・19%だった。

 城間氏は、市長前任者の翁長雄志(たけし)前知事の遺志を継ぐと訴え、玉城(たまき)デニー知事の全面支援を受けた。那覇市とは直接関係がない米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設も主要争点に据え、反対した。

 城間氏は21日夜、那覇市内で「翁長前知事の遺志を継いだ選挙戦が評価された。玉城県政の後押しにもなる」と述べた。自民党推薦候補の連敗を受け、国場幸之助衆院議員は21日夜、党県連会長を辞任する意向を表明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ