PR

ニュース 政治

岩屋防衛相、旭日旗問題で試される手腕 20日に日韓防衛相会談 「残念」伝達だけでは不十分

海上自衛隊観艦式で航行する艦艇=神奈川県沖の相模湾(三尾郁恵撮影)
Messenger

 岩屋毅防衛相は20日、シンガポールでの拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス)に合わせて開かれる日韓防衛相会談に臨む。韓国側からの自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛要請をめぐる問題の直後だけに、岩屋氏がどれだけ毅(き)然(ぜん)とした態度で臨むか、手腕が問われそうだ。

 「先般のことは非常に残念に思っていると伝えなければならない」

 岩屋氏は16日の記者会見でこう述べ、防衛相会談で旭日旗問題に言及する意向を示した。ただ、防衛省内には岩屋氏の姿勢に不満もくすぶり始めている。

 岩屋氏はこれまで旭日旗問題について「残念」と繰り返してきたが、韓国への明確な抗議や反論には出なかった。一方、韓国との防衛協力に関しては「未来志向」という言葉を使いながら、何度も重要性を強調してきた。

 幹部自衛官は「防衛協力の前提は信頼。相手の非礼に直言せず、うわべだけの協力を打ち出してもしらじらしいだけだ」と指摘する。自民党国防族も「韓国の対応は『残念』の一言で済む話ではない。会談で真意をただすべきだ」と語る。

 旭日旗問題をめぐっては、韓国が南部の済(チェ)州(ジュ)島(ド)で11日に開いた国際観艦式の際、韓国世論に反発が強い旭日旗を念頭に、参加国に自国と韓国の国旗だけを艦艇に掲げるよう要請。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ