PR

ニュース 政治

千円札の記号・番号の色、8年ぶりに変更 来年3月から

記号と番号の印刷色が紺色の変更後の千円札(財務省提供)
Messenger

 財務省は18日、千円札に印刷されている記号と番号の色を平成31年3月18日発行分から、現在の褐色から紺色へ変更すると発表した。近く、記号と番号の129億6千万通りの組み合わせを使い切る見通しとなり、同じ色で発行し続けることができなくなるため。

 千円札の記号と番号の色が変更されるのは、16年から発行されている現在の紙幣となってから、23年以来8年ぶり2回目となる。発行当初は黒色だったが、23年の1回目の変更時に褐色となった。

 記号と番号は、数字と紛らわしいIとOを除くアルファベットを先頭に1つか2つ置き、次に000001~900000までのいずれかの数字を配置、さらに末尾に、IとO以外のアルファベットを1つ記している。

 千円札以外では、一万円札が前回の千円札と同時に変更され、五千円札が26年に変えられた。今後の変更の予定はまだないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ