PR

ニュース 政治

辺野古対抗措置 岩屋防衛相一問一答 「普天間全面返還のため」

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、沖縄県への対抗措置を表明する岩屋防衛相=17日午後、防衛省
Messenger

 岩屋毅防衛相の記者団との主なやり取りは次の通り。

 --辺野古埋め立て承認を撤回した沖縄県への対抗措置として、行政不服審査法に基づき国土交通相に撤回の効力停止を申し立てた。認められれば、すぐに移設作業を再開するか

 「予断を持って答えることは控える。目的は普天間飛行場の危険性除去と全面返還だ。一日も早く実現できるよう努力したい」

 --県の理解をどう得る

 「知事選で示された民意は真摯(しんし)に受けとめる。しかし、国を守るための抑止力を維持しながら、沖縄の負担を少しでも軽減していかなければならない」

 --このタイミングで申し立てを決断した理由は

 「選挙日程を考慮に入れたことはない。県の処分事由が多岐にわたっていたので、法的措置を取るには慎重に精査する必要があり、時間がかかってしまった」

 --司法に訴える手段は

 「さまざまな検討をしたが、行政不服審査法は迅速に問題に答えを出すために用意されている法律なので適切だと判断した」

 --行政不服審査法は国民の権利保護のためにある

 「国や地方自治体であっても、処分を受けたことによって大きな損害を被る場合には申し立てができる」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ