PR

ニュース 政治

共産、参院選「相互推薦」導入へ協議入り要請 5党派幹事長らと会談

共産党の小池晃書記局長(斎藤良雄撮影)
Messenger

 共産党の小池晃書記局長が、立憲民主、国民民主、自由、社民各党と衆院会派「無所属の会」の幹事長らと個別に会談し、来年夏の参院選改選1人区で野党間の「相互推薦」を目指す党方針を伝えて協議入りを要請した。小池氏が17日の記者会見で明らかにした。

 小池氏は会見で、相互推薦に否定的な立憲民主党などを念頭に「まずは前提条件なしに協議を始めたい。意見の違いも含めて協議したい」と述べた。臨時国会会期中に「一定の方向性を出したい」とも強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ