PR

ニュース 政治

沖縄・豊見城市長に玉城知事支援候補が初当選

沖縄県豊見城市長選で当確の速報に、万歳して喜ぶ山川仁氏(中央)と玉城デニー知事(左)ら=14日夜、沖縄県豊見城市
Messenger

 任期満了に伴う沖縄県豊見城(とみぐすく)市長選が14日投開票され、無所属の新人で、元市議の山川仁氏(44)=立民、国民、共産、社民、自由、沖縄社大推薦=が初当選した。玉城(たまき)デニー知事が4日に就任して以降初めての県内首長選で、玉城氏は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対し、共産党や社民党、労組でつくる「オール沖縄」が推す山川氏を全面支援していた。投票率は53.28%。

 選挙戦は山川氏のほか、新人の元市議、宜保安孝氏(41)=自民、維新、希望推薦=と、現職の宜保晴毅氏(50)の無所属2人が立候補する三つどもえの構図だった。自民党市議らが現職に対抗馬を立てた保守分裂選挙となり、山川氏が漁夫の利を得た形だ。

 県内市長選ではオール沖縄系の候補が相次ぎ敗れていた。山川氏の当選で、県内11市のうちオール沖縄系市長は、14日に市長選が告示された那覇市を含めて3市になる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ