PR

ニュース 政治

安倍晋三首相が殉職自衛隊員に追悼の辞「遺志受け継ぎ、国民の命守り抜く」

 自衛隊殉職隊員追悼式で追悼の辞を述べる安倍首相=13日午前、防衛省(代表撮影)
Messenger

 安倍晋三首相は13日午前、東京都新宿区の防衛省で営まれた平成30年度の自衛隊殉職隊員追悼式に参列し「尊い犠牲を無にすることなく、ご遺志を受け継ぎ、国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜いていく。世界の平和と安定に貢献するため、全力を尽くすことを固く誓う」と追悼の辞を述べた。

 首相は「強い使命感と責任感を持って、職務の遂行に全身全霊をささげた皆様はこの国の誇りだ。私たちはその雄姿と名前を永遠に心に刻みつけていく」と強調した。

 慰霊碑には、8月31日までの1年間に公務による死亡の認定を受けた30柱の名簿が新たに奉納された。内訳は陸上自衛隊8柱、海上自衛隊15柱、航空自衛隊6柱、事務官1柱。

 自衛隊の前身の警察予備隊が発足して以来の殉職隊員は、計1964柱となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ