PR

ニュース 政治

空自スクランブル、過去2番目の多さ 上半期561回 対中国機は58回増

Messenger

 防衛省統合幕僚監部は12日、日本領空に接近した外国軍機などに航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)した回数が今年度上半期(4~9月)で561回だったと発表した。前年同期と同数で、半期ごとの統計を取り始めた平成15年以降で2番目の多さだった。

 国別では、中国機へのスクランブルが345回で最も多く、211回のロシアが続いた。他の5回は国籍不明機だった。

 中国機に対するスクランブルは前年同期から58回増加し、過去2番目の多さだった。沖縄本島と宮古島間の上空通過や、対馬海峡上空の往復など、11回の特異な飛行が確認された。

 ロシア機へのスクランブルは前年同期から56回減ったものの、9月には最新鋭戦闘機「スホイ35」1機が初めて確認されるなど、活発な活動を継続している。

 統幕幹部は「今後も日本周辺空域での警戒監視に全力を挙げる」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ