PR

ニュース 政治

【阿比留瑠比の極言御免】佐々氏が見た菅元首相

Messenger

市川房枝氏を利用?

 あるとき、佐々さんが姉に「市川さんは菅氏を評価しているのか」と聞くと、姉は冷ややかに答えた。

 「何を言っているの。市川さんは『菅はよくない』と本当に怒っているわ」

 実際、市川氏は著書『私の国会報告』で、昭和51年の衆院選に出馬した菅氏についてこう書いている。

 「私の名前をいたる所で使い、私の選挙の際カンパをくれた人たちの名簿を持っていたらしく、その人達(ひとたち)にカンパや選挙運動への協力を要請強要…」

 衆院議員となった菅氏は、政治家のパーティーなどで佐々さんを見つけるといつも駆け寄ってきて大きな声で言うのだという。

 「いやあ、紀平さんと私は本当に仲がよくて」

 「いつも佐々さんには大変お世話になって」

 菅氏は、佐々さんが誰かに語らないように、一方的にしゃべって言葉をはさませないとのことだった。佐々さんは嘆いていた。

 「市川さんは菅氏に利用するだけ利用されて、いま生きておられたら本当に不愉快だったろう」

 佐々さんは、歯に衣(きぬ)着せぬ古武士のような風格のある人だった。(論説委員兼政治部編集委員)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ