PR

ニュース 政治

中国の対日感情が大幅改善 日本に「良い」印象が4割突破

2017年10月、総合免税店「ラオックス」秋葉原本店を訪れた中国人観光客ら=東京都千代田区
Messenger

 日本の民間非営利団体「言論NPO」(工藤泰志代表)と中国国際出版集団は11日、東京都内で記者会見し、共同世論調査の結果を発表した。相手国に「良い」「どちらかといえば良い」との印象を持つ中国人は42・2%(前年比10・7ポイント増)と大幅に上昇。日本に「良い」印象を持つ中国人が4割を超えるのは、2005年の調査開始以来初めてという。

 日中両政府間で関係改善の傾向が出ていることを受け、中国人の対日感情が改善したと分析している。相手国に「良くない」「どちらかといえば良くない」印象を持っていると回答した中国人も56・1%(同10・7ポイント減)と大幅に改善した。

 一方で、相手国に「良い」「どちらかといえば良い」印象を持つ日本人は13・1%(同1・6ポイント増)と微増。相手国に「良くない」「どちらかといえば良くない」印象を持つ日本人は86・3%(同2・0ポイント減)と微減にとどまった。言論NPOの工藤氏は、中国を訪問する日本人が中国側と比べて少ないことや、マスコミの報道ぶりなどが影響を与えていると分析した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ