PR

ニュース 政治

菅官房長官、中共高官の「メディア規制」発言に「報道の自由はいかなる国でも保障されるべきだ」

菅義偉官房長官=10日午前、首相官邸(春名中撮影)
Messenger

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は10日の記者会見で、中国共産党の宋濤(そうとう)中央対外連絡部長が北海道洞爺湖町で行われた自民、公明両党と中国共産党の定期対話「日中与党交流協議会」で講演し、メディア規制を働き掛ける発言をしたことに対し「報道の自由は国際社会において普遍的価値であって、いかなる国にあっても保障されるべきだ」と述べ、否定的な考えを示した。

 宋氏は講演で、新しい時代の中日関係発展のために両国の与党が政治的リーダーシップを果たしていく必要があると訴え、「与党は各国の政策の源だ。民意と世論をリードする役割を持っている」と述べた。

 その上で「メディアに真実を報道するよう働きかけ、正しくない情報は訂正してもらう。両国が客観的、理性的に相手の国を見るよう、世論の形成をリードしていく」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ