PR

ニュース 政治

入札情報露出新たに7件 長野県、PDFの文字色変え削除せず

Messenger

 こうした事態を招いたのは、入札の実施に当たり事前にPDFファイルの形式で公開している設計書の作成にミスがあったため。設計書は、事前に入札価格を計算するために使われるが、8件では予定価格積算の根拠となる単価は消された状態だったが、全体をコピーして文書作成ソフトに貼り付けると、金額を見ることができた。

 担当者が設計書の作成に当たって予定価格の積算に使った単価を削除せず、文字の色を黒から背景と同じ白に変えただけだったため、文字情報がそのまま残っていた。

 このほかにも、予定価格は類推できないものの、一部に価格以外の情報が読み取れる入札も6件あった。同部は「文字情報が残るという認識がなかったために起きた事態。金額情報の削除を徹底する」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ