PR

ニュース 政治

安倍晋三首相、カンボジアの民主化支援表明 タイとは自由貿易拡大へ協力

首脳会談を前に握手するカンボジアのフン・セン首相(左)と安倍晋三首相=8日午後、首相官邸(寺河内美奈撮影)
Messenger

 安倍晋三首相は8日午後、カンボジアやラオス、タイの各首相と首相官邸で個別に会談した。カンボジアのフン・セン首相に対しては、中国の影響力をにらみ、民主化を支援する考えを示した。タイのプラユット首相とは自由貿易体制の拡大へ協力していくことで合意し、タイが意欲を示す環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を歓迎した。

 安倍首相はフン・セン氏との共同記者発表で「カンボジアのさまざまな政党の若手政治家や選管幹部を招聘し、日本の民主プロセスを参考にしてもらう」と述べた。7月のカンボジア総選挙で最大野党が解党に追い込まれ、公正性が疑問視された事態が念頭にあるとみられる。

 ラオスのトンルン首相との会談では、ベトナム戦争時の不発弾除去への協力継続を確認した。

 8日午前に会談したベトナムのフック首相をはじめ、各国首脳は9日に東京で開かれる日本・メコン地域諸国首脳会議に出席するため来日した。8日夜には安倍首相が主催し、公邸で夕食会を行った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ