PR

ニュース 政治

築地市場、6日最終営業 83年の歴史に幕

築地市場の競り場に並ぶ生マグロ=9月29日、東京・築地
Messenger

 東京都中央区の築地市場が6日正午、取引を終了し、83年の歴史に幕を閉じる。同日早朝から最後の競りが行われた後、業者は引っ越しに向けて作業に入る。移転先の江東区の豊洲市場は11日に開場する。豊洲の土壌汚染対策などのため、当初予定より約2年遅れの移転となる。

 最終営業日を前にした5日、築地は買い物客でにぎわい、名残惜しそうに市場を記念撮影する人の姿も目立った。

 築地市場は1935年、関東大震災で焼失した日本橋の魚市場や京橋の青物市場が移転して開場した。活気ある競りの光景や運搬車「ターレ」が走り回る様子が見学できることから、近年は観光客にも人気の場所になっていたが、老朽化や敷地が手狭なことなどが課題だった。

 築地市場で働く約900の業者は6日の営業終了後、豊洲への引っ越し作業を本格化する。都はもともとの休業日の7、8日に加え、9、10両日を臨時休業日に設定。買い出し人は都内の別の市場などを利用するが、仕入れができず休む飲食店もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ