PR

ニュース 政治

憲法改正は「公明党が『やりましょう』とならなければ動かない」 自民竹下派・竹下亘会長

自民党竹下派会長の竹下亘前党総務会長
Messenger

 自民党竹下派(平成研究会)会長の竹下亘前総務会長は4日、憲法改正について「公明党が『やりましょう』とならなければ動かないので、それが第一歩だ」と述べ、公明党の合意を得なければ自民党改憲案を国会提出できないとの認識を示した。東京都内での派閥会合後、記者団に語った。

 また、高村正彦前副総裁が3日、安倍晋三首相に会い、首相が目指す臨時国会への改憲案提出のプロセスについて協議したことに関し、竹下氏は「臨時国会は冒頭に補正予算案審議も入るので、高村氏は『物理的に相当厳しい』と感じ、話をしたのではないか」と語った。「憲法改正を必ずやるという方向性は(自民党の)共通認識だ」とも述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ