PR

ニュース 政治

政府、中国に抗議 尖閣周辺にブイ設置で 菅官房長官「法条約上問題」

改造内閣発足後、初の定例会見に臨む菅義偉官房長官=3日午前、首相官邸(春名中撮影)
Messenger

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は3日午前の記者会見で、中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で新たに海上ブイを設置したことについて「国連海洋法条約上、問題があり得る」と不快感を示し、外交ルートを通じ中国側に抗議したことを明らかにした。

 また「(抗議によって)しっかりと国の立場を主張するのは当然のことだ」とも述べ、尖閣諸島は日本固有の領土であることを強調した。

 中国が尖閣諸島周辺のEEZ内にブイを設置したのは平成28年以来で、領有を既成事実化する狙いがあるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ