PR

ニュース 政治

【沖縄県知事選】立憲民主党・福山哲郎幹事長「基地建設見直しを真摯に受け止めろ」

Messenger

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は1日午前、国会内で記者会見し、沖縄県知事選で共産党、社民党や労組などでつくる「オール沖縄」が推す玉城(たまき)デニー前衆院議員(58)が当選したことについて「とてもよかった。安倍晋三政権の今までのやり方に沖縄県民が明確にノーを突きつけた」と評価した。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関しては「県民が強く求める埋め立て承認の撤回と、辺野古基地建設の見直しを真摯(しんし)に受け止めることが首相、政府の務めだ」と注文を付けた。

 今回の知事選に野党の統一候補が勝利したことは「来年の参院選に向け特に改選1人区で(野党候補を)明確に一本化すれば、十分に勝機を見いだせることが明らかになった。一本化に向けて(調整を)加速していかなければならない」と語った。候補者調整の時期などは明言しなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ