PR

ニュース 政治

立民党大会 枝野幸男代表演説詳報「20日間で野党第一党を作れる」「私がポスト安倍」

立憲フェスのフィナーレで演説する立憲民主党の枝野幸男代表=30日午後、東京都新宿区(萩原悠久人撮影)
Messenger

 立憲民主党の枝野幸男代表は30日、東京都内で開いた初の党大会での演説で「野党第一党として政権の選択肢となり、遠からず政権を担う」と訴えた。

 昨年10月2日の結党表明から衆院選の投開票まで20日間しかなったことを振り返り「国民が動けば20日間で野党第一党を作れる。私たちは永田町の常識を覆して皆さんの力を信じて進みたい」とも強調した。

 一方、国民民主党が唱える複数野党による政権構想策定については「拙速な政権構想論の前に日本の未来の青写真こそが問われなければならない」と否定的な見解を示した。

 演説の詳報は次の通り。

 たった1人で記者会見をさせていただいて、そこから始まった政党が、多くの国民の皆さんに背中を押していただき、志を貫いた多くの仲間たちが集い、小さいながらも野党第一党という結果を出した。それが立憲民主党の原点です。

 政治家の都合で、永田町の理屈で、離合集散を繰り返してできた政党ではありません。これまでの永田町の内側を向いた政党政治に失望していた方々のお力によって、私たちは貴重な議席を預かりました。

 私にとっても、20年あまりの議員生活の中で忘れていた、自分の政治の原点に戻ったような思いであります。永田町の内側を向いた政治のあり方を深く反省し、国民とともに新しい民主主義のステージを作る。それが私たちの当然の使命であると考えます。

 民主主義とは「選べること」です。選べないということは、人に任せるということです。野党第一党として政権の選択肢となり、遠からず政権を担う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ