PR

ニュース 政治

新藤義孝会長、来夏の知事選「何としても勝ち抜く」 自民党埼玉県連大会

自民党県連大会であいさつする新藤義孝会長=29日、さいたま市浦和区(黄金崎元撮影)
Messenger

 自民党埼玉県連は29日、さいたま市内で2年に1度の県連大会を開催し、新藤義孝衆院議員が県連会長に再任された。新藤会長はあいさつで来夏の知事選について「より強く太い県政をつくり、全国有数の地域を元気にさせないといけないが、それがまだ実現していない。何としても勝ち抜かないといけない」と強調した。

 新藤会長は県連大会後、知事選について記者団に「春から候補者を選定している。さまざまな可能性を追求しており、決まり次第公表したい」と語った。5期目の出馬を表明していない上田知事の動向が今後の人選に影響するかについては「全く関係ない。私たちは私たちの考えで準備していきたい」との考えを示した。

 一方、自民党は来夏の参院選で改選数が1増となる埼玉選挙区に、現職の古川俊治参院議員を公認しているが、新藤会長は「2人目の(候補者の)検討はしていない。まずは自民、公明両党で2議席を確保したい」と述べた。来春の統一地方選については「県議全員を当選させ、新たな人材を創出したい」と語った。

 県連大会では新藤会長のほか、柴山昌彦衆院議員と関口昌一参院議員、古川参院議員、野本陽一県議の副会長の再任を決めた。来年の参院選など3つの選挙に向けて結束を固めるため、市町村議員会議の設立も表明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ