PR

ニュース 政治

立憲民主党、参院選大阪選挙区に亀石倫子弁護士を擁立

記者会見を終え、ポーズをとる亀石倫子氏(右)と立憲民主党の枝野代表=28日午後、大阪市
Messenger

 立憲民主党は28日、持ち回り常任幹事会で、来年夏の参院選大阪選挙区(改選数4)に新人で弁護士の亀石倫子(みちこ)氏(44)を擁立すると決めた。

 亀石氏は北海道出身で、平成27年から大阪市に法律事務所を構えている。衛星利用測位システム(GPS)を利用した捜査は令状がなければ違法との判断を最高裁が示した事件を担当したことで知られる。

 立憲民主党は参院選での女性の積極擁立を打ち出しており、知名度のある亀石氏を目玉候補にしたい考えだ。枝野幸男代表は28日、大阪市で記者会見し、党が掲げる「立憲主義」と亀石氏の立場が「まさに重なり合っている」と強調した。

 大阪選挙区では自民、公明、共産各党が現有各1議席の確保を図り、日本維新の会は現職を含む2候補擁立を目指す。旧民主党、旧民進党は25年と28年の改選で議席を得られなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ