PR

ニュース 政治

金正恩氏「適切な時期に日本と対話し、関係改善模索」 安倍首相に文在寅大統領伝える

韓国の文在寅大統領(右)と会談する安倍首相=25日、ニューヨーク(共同)
Messenger

 【ニューヨーク=田北真樹子】安倍晋三首相は25日午前(日本時間26日未明)、米ニューヨーク市内で韓国の文在寅大統領と会談した。文氏は安倍首相に対し、先の南北首脳会談で日本人拉致問題の解決の重要性を提起したことなどを説明し、「金正恩朝鮮労働党委員長は適切な時期に日本と対話し、関係改善を模索していく用意があると表明した」と明らかにした。韓国大統領府が会談後、記者団に説明した。

 日韓首脳会談では、北朝鮮の非核化の実現に向けて制裁を維持することや、国連安全保障理事会決議の履行が重要であるとの認識で一致した。また、日韓、日韓米が引き続き緊密に連携する方針を再確認した。

 会談の冒頭、文氏は「安倍首相の金正恩委員長へのメッセージは金委員長に忠実に伝達し、その答えも聞いている」と述べた。「私は朝鮮半島の平和構築のために、日朝関係の正常化が必ず必要だと思っており、日朝首脳会談の実現に向けて積極的に支持し、そして協力する」とも語った。

 安倍首相は、文氏が南北首脳会談で拉致問題を含む日朝関係に言及したことに謝意を示し、「北朝鮮との相互不信の殻を破り、金委員長と直接向き合う用意がある」と語った。また、「北朝鮮から非核化に向けた意味のある行動を引き出すためには制裁維持が必要であり、引き続き韓国と連携したい」と呼びかけた。

 一方、安倍首相は慰安婦問題に関する日韓合意の着実な履行を改めて求めた。文氏は「日韓合意を破棄しない、再交渉を求めない」などと改めて表明した。韓国側の説明によると、文氏は日韓合意に基づき設立された財団について「正常に機能しておらず解決する必要がある」と指摘した。

 安倍首相は、日本の朝鮮半島統治下での徴用工についても提起した。日本は昭和40年の日韓請求権協定で解決済みの立場を取るが、韓国最高裁で「個人の請求権」をめぐる訴訟が審理されていることが念頭にあるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ