PR

ニュース 政治

国民民主「共産党との直接協力、難しい」 市民連合を介し候補者調整 参院選対応で全国幹事会

国民民主党の全国幹事会であいさつする玉木雄一郎代表(右端)=24日午後、東京・永田町の党本部
Messenger

 国民民主党は24日、都道府県連幹部を集めた全国幹事会を党本部で開き、玉木雄一郎代表ら執行部が来年夏の参院選の対応方針などを説明した。執行部側は参院選での共産党との候補者調整に関し「直接協力することは難しい」と表明し、過去の国政選挙で野党共闘を後押しした「市民連合」の仲介を得て「与党を利することのない協力関係を模索したい」と説明した。

 立憲民主党の枝野幸男代表も23日放送のBS朝日番組で「2年前の参院選は市民の呼びかけに地域ごとに政党が応じ一本化された。同じやり方しかない」と語り、国民執行部と同様の認識を示した。候補者調整を正式な「相互推薦」に深化させることを目指す共産党と、立民、国民両党の認識の差が鮮明になった形だ。

 玉木氏は全国幹事会で、参院選と統一地方選に向け「すみやかに態勢を整えたい。地方組織との絆をこれまで以上に太くしていきたい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ